納車時も油断大敵、注意点

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
中古車を購入す場合の最終ポイントが納車です。
待ちに待ったマイカーがやってくる日、何のトラブルもなく迎え入れたいと思いますよね。
中古車の納品の場合は、新車以上の注意が必要となりますので、ここでいくつか紹介してみたいと思います。
当たり前の事でもうっかり忘れてしまうこともありますので、メモを取るなどして確認も行いましょう。

まず、自分で販売店に購入した中古車を受け取りに行く場合は、自分で運転して帰ることになるので、運転免許証を持参します。
また、購入の契約書も忘れないように注意しましょう。
受取りにいく時間帯ですが、車のボディーに傷やへこみなどができていないかしっかりチェックできるように、できるだけ日中の明るい時間に行くようにします。
新車でもこの事は当てはまりますが、中古車となると傷やへこみは特に気になりますよね。
暗くなってからや雨の日などは、車のボディーの確認がしづらいので、指定した日の日中に受取りに出向けない場合は、納車日を別の日に変更してもらうほうがいいと思います。

受け取りに出向いた時には、中古車の保証書や説明書などが揃っているか、また整備手帳やその他の書類も全て揃っているのか、販売店に任せっきりではなく、自分自身でもしっかりと確認を忘れないようにしましょう。
自賠責保険や車検証にも、漏れなく記載事項が表示されているのか、チェックを怠らないようにします。
販売店側が納車日までに、不具合の修理や車内クリーニングを行うように契約していた場合は、納車の時に確認をして満足がいく仕上がりになているのか確かめましょう。
契約時に取り決めた事がきちんと守られているのか、念には念を入れてしっかりと確認が必要です。
受取ってしばらくしてから気付いても、対応してもらえない場合もあるので覚えておきましょう。
パーツがいつの間にか別のものに変えられていたり、整備時にミスをして、あるはずのパーツが取り付け忘れられていたということも結構あるのです。
このようなことを考えれば、納車の時は自宅まで乗ってきてもらうのではなく、自分で出向いて隅々までをチェックしてから受取るようにしましょう。
そのほうが、その場で直ぐに対応してもらえる事も多いので、面倒のようでも結局は都合が良いと言うことになります。
やっと手に入れた車なのに後々トラブルが出てしまうと、せっかくの楽しみも無くなってしまいますよね。
中古車も新車も、初めが肝心といったところでしょうか。
タグ:タグは付けられていません。
コメント
コメント投稿フォーム:
 (コメント編集用)
 管理人にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
Copyright (C) 中古車店長の暴露!3倍得する中古車の買い方・売り方. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。