中古車の買い方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高く売れる中古車とは

今まで乗っていた車を手放す時に、大抵の人はその買取価格が気になるのではないでしょうか。
購入時は新車だった車も、売りに出す時は中古車になっているのですから、年数も経ち車の傷み具合も関係してくる中古車の買取価格は、できれば少しでも高く買い取ってもらいたいと思いますよね。
では、高く売れる中古車の条件とは、いったいどのような条件なのでしょうか。
ここではそんな、比較的高値が付くであろう中古車について解説してみたいと思います。

よく知られている状態の良い中古車についてですが、まず事故暦や車体になどに傷がないもの、そして走行距離が5万キロ以下の中古車が一般的には高値が付く第一の条件と言われています。
逆に中古車を購入する立場として考えて見れば、やっぱり傷みが少ない綺麗な状態の車が欲しいと思いますよね。
更に走行距離もあまり走っていないとなると、中古車でも長く乗れると思うものです。
これらの条件が揃っていると、比較的高値がつく傾向にあるようです。
また、手放そうと思っている車が人気のある車種の場合も、需要が多いので高値で買い取ってもらえる傾向にあります。
車の流行は時期を逃がすとすぐに変化してしまいますが、その時期にぴったりと当てはまっている場合には、高値での買取が期待できると思ってもいいでしょう。

車体自体にも、ボディーカラーやシフト、ドア数、エアロ、ナビの有無などのパーツの違いによっても、買取価格には大きな差が出てくる場合もあります。
また、手放したいと思っている車が、購入時のままのノーマル車なのか、それとも自分仕様にカスタムしている車なのかでも、買取価格が違ってきますし、需要者がどのような車を好んでいるのか、また買取先がどのような車を望んでいるのかでも違いがでてきます。
中には限定モデルの車を手放したいと思っている方もいると思いますが、車によっては意外と高値が付き、新車以上の値段が付くこともよくある話なのだそうです。
日本人というのは比較的「限定物」に弱く、希少価値が付いているものは少し無理をしてでも手に入れたいと思う風習があるようです。
限定車を手放す場合には、買取側に限定車であることをしっかりとアピールしないと、結果的に損をしてしまうこともあります。

中古車の買取価格というものは、車種の流行や手放す時のタイミングなどでも大きく変ってきますし、需要者の好みなどでも違いがでてくるものなので、この車なら確実に高く売れるというのは難しいものなのかもしれませんね。

スポンサーサイト

中古車査定を高くする方法

今まで大切に乗っていた愛車を手放す場合は、少しでも高く買い取ってくれるところにお願いしたいと思うのは誰でも同じですよね。
中古車を買い取ってもらう場合の金額は、査定において決定しますが、その査定額を少しでも上げるためのコツというものはあるのでしょうか。
きっと多くの人が気になるはずですよね。
少しの注意や手間を惜しまなければ、実は査定額というものは大きく変ってくるものなのです。
例えば誰にでも簡単にできることに、車内の掃除が挙げられます。
自分の車というものは乗り慣れていると、意外と車内の臭いなどには気が付かなくなります。
タバコやペットなどの臭いが残っているのといないのとでは、やはり査定時の印象というものが変ります。
また少しの擦り傷などがボディーにある場合は、コンパウンドなどで取れるようなら取っておくことも忘れないようにしましょう。
中古車の査定は、いかに綺麗な状態を保っているのかが決め手となってきますので、走行距離が少ない・カスタマイズされていないなどもポイントとなります。
新車の状態に近ければ近いほど、査定の評価も高くなるのですね。

また、車検が近ければ査定額が下がってしまうイメージがありますが、基本的に車検については査定額に関係してこないことが多いようです。
そして車の査定なのに以外に思うかもしれませんが、車を手放そうとしている人の印象によっても、査定額に違いが出てくることがあるそうなのです。
査定する側も人間なので、心証での影響も重要になってくるようです。
具体的に言えば、必用書類や取扱説明書などの必用な書類を予め準備しておくだけでも、相手に好印象に思ってもらえ何かと徳をする場合も多いようなのです。
逆に印象を悪くするような、事故暦や故障暦を偽ったりすると、査定額も思いのほか低くなってしまうか、最悪、買い取りを拒否されてしまうことにもなりかねません。

人気のある車種や限定車の場合は、うまくアピールしていけば査定の評価も上がりますが、あまりにもあからさまにアピールし過ぎると、逆効果となる場合もありますので、その辺のさじ加減は難しいところかもしれません。
また、査定を依頼する時期やタイミング、複数の販売店で査定を行うなど、査定額を上げるためのコツは様々ですが、少しでも高く売れることを希望する時の基本は、やっぱり誠意をもってお願いすることが一番のコツといえるのかもしれません。
車を大切に乗り、手放すまで手入れをマメに行なうことも大切なことですね。

中古車の売り方

そろそろ車の買い替えを検討していると言う場合には、現在乗っている愛車を手放す方がほとんどですよね。
その場合中古車として売りに出すことになるのですが、どのような方法で売りに出せばいいのか、少し紹介してみたいと思います。
一般的によく知られているの方法が、新しく車を購入するディーラーなどで「下取り」として買い取ってもらう方法です。
この場合の利点としては、売る場合も買う場合も同じ所で済むわけですから、手続きなどの手間などが省けます。
また、下取りを出して新車を購入する場合などは、車体価格を値下げしてもらえることもよくありますので、売りに出すだけの場合と比較すると、若干査定額が高くなることもあります。
新車を購入する場合は、少しでも値引きしてもらえると嬉しいものですよね。

そして中古車を売りに出す場合に一番利用される方法が「買取」になります。
中古車専門のディーラーなどで、中古車の専門家に査定を行ってもらい、買取の価格を提示してもらいます。
提示された価格に不満などがなければ、そのまま買い取ってもらう取引を行うことになります。
ただし、あくまで中古車に詳しい専門家が査定を行うのですから、自分が想像していたより低い価格の提示をされる場合もよくあります。
車種やその車の状態、中古車市場の動きなどを考慮しての査定基準というものがありますので、かなりシビアに思うかもしれませんが売り方としては確実な方法だと思います。

そして最後に紹介するのが「個人売買」という方法です。
ディーラーなどを通して売るのではなく、友人や知人・親類などの個人間の取引となるので、正直トラブルなども多く見られる売り方だとも言えます。
最近はネットオークションに出品する人もいるようですが、こちらも顔の見えない相手に売るわけですから、なんらかのトラブルに巻き込まれる可能性も十分にあります。
しかし個人間の取引は、ディーラーなどにはない融通の利きやすさなどもありますので、しっかりと信頼のできる相手との取引ならお得な面も多いと思います。

ざっと大まかに三つの方法を紹介してみましたが、どの方法が一番にお勧めか・・・と聞かれると即答できないのが正直なところです。
車の状態や売りに出す時のタイミングなど、様々な状況で変ってくるので、自分に合っている方法を自分で選択することが、一番の良い方法だといえるのだと思います。
選択肢は一つではないで、色々比較検討してから決めるようにするといいでしょう。




納車時も油断大敵、注意点

中古車を購入す場合の最終ポイントが納車です。
待ちに待ったマイカーがやってくる日、何のトラブルもなく迎え入れたいと思いますよね。
中古車の納品の場合は、新車以上の注意が必要となりますので、ここでいくつか紹介してみたいと思います。
当たり前の事でもうっかり忘れてしまうこともありますので、メモを取るなどして確認も行いましょう。

まず、自分で販売店に購入した中古車を受け取りに行く場合は、自分で運転して帰ることになるので、運転免許証を持参します。
また、購入の契約書も忘れないように注意しましょう。
受取りにいく時間帯ですが、車のボディーに傷やへこみなどができていないかしっかりチェックできるように、できるだけ日中の明るい時間に行くようにします。
新車でもこの事は当てはまりますが、中古車となると傷やへこみは特に気になりますよね。
暗くなってからや雨の日などは、車のボディーの確認がしづらいので、指定した日の日中に受取りに出向けない場合は、納車日を別の日に変更してもらうほうがいいと思います。

受け取りに出向いた時には、中古車の保証書や説明書などが揃っているか、また整備手帳やその他の書類も全て揃っているのか、販売店に任せっきりではなく、自分自身でもしっかりと確認を忘れないようにしましょう。
自賠責保険や車検証にも、漏れなく記載事項が表示されているのか、チェックを怠らないようにします。
販売店側が納車日までに、不具合の修理や車内クリーニングを行うように契約していた場合は、納車の時に確認をして満足がいく仕上がりになているのか確かめましょう。
契約時に取り決めた事がきちんと守られているのか、念には念を入れてしっかりと確認が必要です。
受取ってしばらくしてから気付いても、対応してもらえない場合もあるので覚えておきましょう。
パーツがいつの間にか別のものに変えられていたり、整備時にミスをして、あるはずのパーツが取り付け忘れられていたということも結構あるのです。
このようなことを考えれば、納車の時は自宅まで乗ってきてもらうのではなく、自分で出向いて隅々までをチェックしてから受取るようにしましょう。
そのほうが、その場で直ぐに対応してもらえる事も多いので、面倒のようでも結局は都合が良いと言うことになります。
やっと手に入れた車なのに後々トラブルが出てしまうと、せっかくの楽しみも無くなってしまいますよね。
中古車も新車も、初めが肝心といったところでしょうか。

中古車にもあるエコカー減税

近頃世の中は「エコ」がキーワードになっていて、車を購入する場合にも「エコカー減税」という言葉を耳にするようになりましたね。
エコカー減税の対象となる車には、いくつかの条件が必要となるで、ごく最近の新車でないと減税の対象にならないというイメージがないでしょうか。
しかし中古車の中でも、このエコカー減税の対象に含まれる車もあるようです。
中古車は新車よりも安く買える上に、購入時に減税までしてもらえるなんてとてもお得な感じがしますよね。
では実際にエコカー減税の対象となる車には、どんなものがあるのでしょう。

まず一つ目の条件として、初年度の登録が平成15年度の10月以降の車であることとされており、これにはトヨタのアルフォードハイブリッドやプリウス、ホンダのフィット(一部のモデル)が当てはまるようです。
エコカー減税とされる項目は「自動車所得税」と「自動車重量税」で、「自動車取得税」は新しい年式の価格も比較的高額な車の方が減税額も高くなりますので、中古車購入時の場合は減税があっても微々たるものくらいに思っておいたほうがいいと思います。
一方「自動車重量税」は、車の重量に比例して課税がされる税金ですので、新車でも中古車でも大きな車(重たい車)を購入すれば減税率も高くなることになります。
しかしここで気をつけたいのが、エコカー減税が適応される期間に限りがあるため、購入を検討している場合は期限内に購入しないと減税の対象外となりますので覚えておきましょう。
中古車を購入するということは新車とは違い、故障車や事故車などにあたってしまう場合も考えられますので、焦って選び後々後悔しないように注意する必要もあります。
また中古車の場合、「自動車重量税」が課税されるのは車検の時ですので、こちらも勘違いしないように注意が必要となります。

上記のほかにも購入の際に気をつけたい点は、改造された車の場合減税の対象外となってしまいますし、オプションとして装備されているものや車のグレードによってもエコカー減税に適応されない車もあります。
事前によく確認をしてから、購入するようにしましょう。
エコカー減税に適応されている車は、減税だけがお得なだけではなく、環境に優しく燃費もいいというメリットがありますので、購入後もなにかと徳をすることが多いと言うことになります。
エコカー減税が適応されている車は、購入時にお得なことも多いのでお勧めですが、一度購入すると何年間か乗ることになると思いますので、エコカー減税にこだわらず、自分が気に入った車を購入したほうが言いという意見もあります。
Copyright (C) 中古車店長の暴露!3倍得する中古車の買い方・売り方. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。